身長と遺伝

小学生の背を伸ばす食事・運動:身長は遺伝に関係する?!

実は牛乳だけを飲んでも背を伸ばすことは難しくい

背を伸ばす食事はカルシウムが摂れる牛乳を考えがちですが、実は牛乳だけを飲んでも背を伸ばすことは難しく、背を伸ばす栄養を摂ることが大切です。

特に必要な栄養素

特に必要な栄養素はタンパク質、ビタミン+ミネラル、カルシウム+マグネシウムです。
>>バランスよく栄養補給するには<<

タンパク質

タンパク質は人の体はタンパク質からできているので背を伸ばすために体を作るためには必要な栄養素です。
タンパク質が含まれる食べ物には、牛肉、豚肉、鶏肉、魚、貝類、卵、チーズ、納豆などです。
タンパク質は体を作る背を伸ばすためには必要な栄養素ですが、ビタミン+ミネラルが必須でビタミン+ミネラルがないとタンパク質は体に吸収されないのです。
小学生の背を伸ばす食事

ビタミン+ミネラル

ビタミン+ミネラルが含まれる食べ物は、ミカンやレモンなどの果物、ほうれん草やピーマンなどの野菜です。

カルシウム

背を伸ばすためにはカルシウムは必要ですが、やはりカルシウムだけを摂取しても体に栄養素は吸収されません。
カルシウムを体に吸収させるためにはカルシウム+マグネシウムが必要です。
カルシウムを摂るには小魚、シラス、桜えび、牛乳などが必要です。

マグネシウム

マグネシウムはアーモンドなどのナッツ類、ゴマ、ひじきなどの藻類、きなこや油揚げなどの豆類に含まれます。

必要な栄養素をきちんと摂取

背を伸ばすためにはこれらの栄養素が含まれる食材で食事を摂ることですが、毎日となると中々難しいものです。
そんな場合はこれらの栄養素が含まれる粉末を牛乳などで溶いて飲むような補助食品を効果的に利用することも良い方法です。
>>不足しがちな栄養素を補助的に補給するには<<

小学生の背を伸ばす運動

小学生の背を伸ばす運動

小学生の背を伸ばす運動

成長期の時期には、生活習慣や食生活などが乱れないように、健康的な体の維持ができるように日々、改善を心がけていくことも大切です。

運動は重要なポイント

運動をすることは、体の筋肉を適度に鍛え、大量をつけるため、また、免疫力の向上、代謝機能の向上、血流の改善にもつながります。
大人でも、生活習慣病予防として、運動をする習慣を身に着けることは大切ですが、子供にとっても、成長期の時期には重要だといえるでしょう。

小学生のころの運動

小学生のころはウォーキングやランニングなどを家族で健康のためにも行ってみるのもいいでしょう。
また、水泳などは全身の運動に適しているため、そして、関節などにあまり負担がかかることがないため、未成熟な体でも、関節を痛めにくく、筋力や体力をつけることができます。

中学生からの運動

また、中学生からはバスケットボールやバレーボールなど運動部に所属してみるのもいいでしょう。
部活動をすることは、定期的に運動をすることになり、筋力トレーニングやスポーツを通じて、自身の体を適度に鍛えることにつながります。
子供の背がある程度伸びるように、生活習慣や食生活などにおいてのサポートを親が行い、子供に適度な運動をする習慣を身につけさせていくことが大切です。

身長は遺伝に関係する

身長は遺伝に関係する

自分の身長にコンプレックスを感じていると自分の子供がどれくらいの身長になるのか、やはり気になるところです。
乳幼児の頃は、大きい赤ちゃん小さい赤ちゃんと違いはあっても、そのうち大きくなるだろうと大して気にもならなかったものが、幼稚園や小学校に通うようになり、他のお友達との違いが目に見えて分かるようになるとなおさらです。
きちんと背が伸びるのか、背が低いままだといじめにあわないかなどどうしても心配してしまいます。

子供の身長予測する計算式

計算式で身長の予測をすることが出来ます。

男子= (両親の身長の合計+13)/2+2
女子= (両親の身長合計-13)/2+2

だいたいは親と同じくらい

すると、だいたいは親と同じくらいもしくは高い身長になるのではないでしょうか。
今は、他のお友達と身長において追いついていなくても、成長と共に順調に伸びているのならば、保護者は必要以上に心配することはないでしょう。

親は生活面でサポートしてあげよう

子供が成長するその時まで、保護者がどっしりと構えていることも大切かもしれません。
子供に無言の圧力を与えてしまいますから。
子供に身長が伸びないストレスを感じさせて良いことなどありません。
それよりもむしろ、成長に必要な栄養と睡眠、運動などの生活面を整えるように心を配ってあげたいものです。

続きを読む

▲ページトップに戻る