思春期を遅らせる

肥満と思春期の到来と身長の関係

子供の身長を伸ばすためには思春期を遅らせることが大切を言われています。
思春期は性ホルモンが分泌されることで体が急激に成長し、背が伸びたり女子は胸のふくらみや初潮、男子だと精通が始まったりと身体に大きな変化がおきます。

思春期のあと成長が止まる

思春期の時期は身長が大きく伸びる時期でもあるので成長期とも呼ばれてて2年ほど続きますが、その後は背の伸びも止まります。
この時期の身長はほぼ一定といわれていて、思春期を遅らせることで背が伸びる時期を長くして最終的に背を高くすることが出来るとされています。

日本人は思春期が早い

日本人は欧米人に比べると思春期を迎える時期が早いといわれていて、テレビやゲーム、塾などで夜更かしをしたり、肥満などでも早くなるといわれています。

夜は早めに寝る

夜は早めに寝る

遅らせるには夜は早めに寝るようにして規則正しい生活を心がけることが大切です。
早熟だと背が伸びるラストスパートの成長期である思春期が早めに終わったり、思春期に分泌される性ホルモンが骨代謝の軟骨細胞のの分裂を止めて固めてしまうために、背が十分に伸びきらないままで止まってしまうといわれています。

肥満を予防する

肥満を予防する

食生活もバランスのよい栄養を摂りながら、過剰な摂取カロリーを避けて肥満予防のためにもカロリー控えめな食事をすることも重要です。
>>肥満予防して必要な栄養素を補給する栄養補助<<

思春期を遅らせる

思春期を遅らせるのはどうしたら良いか

成長期に入ると子供の体から大人の体への変化が起こり始めます。
男子はひげや体毛が濃くなり、声変わりや精通が起こります。
女子は胸が膨らみ始め生理が始まります。
そしてこの時期に男女ともに身長が大きく伸びます。
身長はこの時期に伸びた後は急激に伸びることはありません。
男子では平均で20~25センチ、女子は10~17センチ伸びます。

思春期の時期の身長の伸びが最終身長を決める

思春期の時期の身長の伸びが最終身長を決めるものであり、身長が伸び始める時の背の高さで大体の最終身長が見えます。
ですから、この伸び始める時期、いわゆる思春期が始まる時期が遅ければ遅いほど最終身長が高くなるということになります。

生活習慣の見直しをして思春期を遅らせる

少しでも高くしたい場合には、生活習慣の見直しをして思春期を遅らせることがよいです。
気を付けることは、まずは食事面です。
カロリーの高い食事は肥満を引き起こし、それが思春期を早める原因になります。
>>栄養補助食品を試してみる<<

夜更かしは禁物

また、睡眠も大切です。
睡眠不足は思春期の訪れのきっかけとなる性ホルモンの分泌が多くなり身長の伸びを止めやすくします。
ゲームなどの普及で夜更かしをしている子供が多くなりましたが、それによって睡眠不足になることは避けたいことです。
思春期を送らせるためには、栄養バランスのとれた食生活、良質な睡眠が欠かせないのです。

続きを読む

▲ページトップに戻る