だいたいは親と同じくらいもしくは高い身長になるようです。

身長は遺伝に関係する

 

身長は遺伝に関係する

自分の身長にコンプレックスを感じていると自分の子供がどれくらいの身長になるのか、やはり気になるところです。

 

乳幼児の頃は、大きい赤ちゃん小さい赤ちゃんと違いはあっても、そのうち大きくなるだろうと大して気にもならなかったものが、幼稚園や小学校に通うようになり、他のお友達との違いが目に見えて分かるようになるとなおさらです。
きちんと背が伸びるのか、背が低いままだといじめにあわないかなどどうしても心配してしまいます。

 

 

子供の身長予測する計算式

 

計算式で身長の予測をすることが出来ます。

 

男子= (両親の身長の合計+13)/2+2
女子= (両親の身長合計−13)/2+2

 

だいたいは親と同じくらい

 

すると、だいたいは親と同じくらいもしくは高い身長になるのではないでしょうか。
今は、他のお友達と身長において追いついていなくても、成長と共に順調に伸びているのならば、保護者は必要以上に心配することはないでしょう。

 

 

親は生活面でサポートしてあげよう

 

子供が成長するその時まで、保護者がどっしりと構えていることも大切かもしれません。
子供に無言の圧力を与えてしまいますから。

 

子供に身長が伸びないストレスを感じさせて良いことなどありません。
それよりもむしろ、成長に必要な栄養と睡眠、運動などの生活面を整えるように心を配ってあげたいものです。