身長を伸ばす方法 小学生

小学生の平均身長 身長を伸ばす方法

小学生の平均身長 身長を伸ばす方法

 

小学生の平均身長は年々伸びてきている

 

小学生の平均身長は年々伸びてきています。
戦後、日本人の平均身長が伸びた来たこともあり、これと同じような傾向をたどっています。
このことからして、誰が見ても、食糧事情に大きいなヒントがあると推察できるのではないでしょうか。

 

牛乳は「カルシウム」が豊富

 

カルシウム

中でも、食事の欧米化といわれるバターや肉の影響を無視することはできません。

もちろん、十人中九人が牛乳のおかげと言いますが、この影響力は少なくありません。
でも、牛乳そのものが、骨を伸ばし、背を伸ばすのではありません。
牛乳はカルシウムなどの栄養素が豊富なので、骨にとっては必要ではあります。

 

骨を伸ばすのは「タンパク質」

 

タンパク質

骨そのものを伸ばすのは軟骨細胞が集まってできる骨髄線と言われるものです。

その原料となるのは肉、魚、卵、チーズなどに含まれているタンパク質であることが知られています。

 

「亜鉛」も背を伸ばすのに大切

 

亜鉛

そして隠れた背を伸ばすためのものとしては亜鉛というものが良いとされています。

ピーナッツ、牡蠣、レバー、うなぎ、納豆、ゴマなどに多く含まれています。
小学生の平均身長が伸びていたのは、これらの食糧との結びつきが多くなったからだと言われています。
でも、その他のことも見逃すわけには行きません。

 

→牛乳に混ぜるだけの美味しい補助食品


小学生の身長を伸ばすために

小学生の身長を伸ばすためには様々な方法があります。

 

小学生の時期はもっとも身長が伸びる時期であり、この頃に適切な食生活と運動をすることによって、発育の向上が大きく期待できます。
とくに小学生時代の身長は個人差が大きく、他の子と比べてしまいがちなので、本人や親御さんは身長について心配しやすいようです。

 

もちろん、中学生、高校生になって急激に伸びる子供もいますが、早めに対策しておくと安心です。
身長を伸ばすためには成長ホルモンが鍵となります。
この時期にしっかり食事をとり、活発な運動をおこない、充分な睡眠をとることで成長ホルモンの分泌が促進されやすくなるのです。

 

 

栄養の点で気を付けること

 

牛乳はたくさん飲めば良いというものではない

 

骨の無機成分のうち、97%はカルシウム塩から成り立っていますから、まさに骨はカルシウムからできていると言い切ってもいいくらいです。

 

カルシウムが豊富にふくまれていることで有名なのが牛乳でしょう。
手軽にカルシウムを摂取できるので、骨を形成するのに優れた食品といえますが、身長を伸ばしたいからといって牛乳ばかり飲むのは禁物です。

 

身長増進のためには、タンパク質や亜鉛、ビタミンD、マグネシウムなどさまざまな栄養素も一緒に摂らないと意味がないからです。
牛乳ばかり飲んでいるとそれだけでお腹がふくれてしまい、食事の量が減って他の栄養の摂取がおざなりになってしまうおそれがあります。
それから牛乳はカルシウムだけでなく脂肪分も豊富にふくまれているので、大量に飲んでいると肥満の原因にもなってしまいます。

 

子供の背を伸ばす栄養素

 

アミノ酸には、必須アミノ酸や非必須アミノ酸などがあり、人の体の維持に必要なアミノ酸は全部で20種類にものぼるといわれています。
その中でも、子供の身長を増進させるのに欠かせないアミノ酸はアルギニンになります。

 

アルギニンを摂取すると成長ホルモンが増加したというデータもあり、身長を少しでも伸ばしたいと思う子供には、アルギニンを積極的に摂取させるべき栄養素です。

 

ただし、何でもそうですが大量に食べさせればいいというものではありません。
アルギニンの他に、オルニチンやリジン、グルタミンなどのアミノ酸も成長ホルモンと深く関係している栄養素なので、アルギニンを効果的に作用させるためにも、バランスよくさまざまな栄養素を摂取することが大切です。

 

三食バランスよくきちんと食事

 

三食バランスよくきちんと食事をとることは発育にとって必要不可欠です。
成長期にファーストフードやインスタント食品を頻繁にとることは望ましくありません。
発育にとって必要な栄養素を摂りいれるためにも、ファーストフードやインスタント食品は控えて、バランスのとれた食事を心がけるようにしましょう。

 

そして食事をおこなうさいに時間をかけてよく咀嚼することがポイントです。
どんなにすぐれた食事を摂取しても、それが体内で充分消化、吸収されなければ意味がなくなってしまうからです。

 

摂取した栄養が体内で最高の能率で体のはたらきに利用されるとき、はじめて心身の発育発達に促されるのです。

 

おやつについて

 

おやつは身長にとって有用になるおやつ避けたほうがいいおやつとがあります。

 

ナッツ類や小魚、チーズが入ったおやつはおすすめです。
逆に避けたほうがいいおやつは糖分がたくさん入ったおやつです。

 

過剰に糖分を摂取すると、カルシウムやビタミンB1の分解に使われてしまい、骨の形成の防げになります。
その結果、身長にも影響してくるからです。

 

 

 

運動の点で気を付けること

 

成長期は無酸素運動が効果的

 

適切運動は成長ホルモンを促進することがわかっています。
ですので成長期には活発な運動を日ごろからおこなうことが、身長増進につながります。

 

とくに無酸素運動が効果的といわれており、無酸素運動とは、全力疾走、腕立て伏せ・腹筋・スクワット・ダンベルなどの筋肉トレーニングを目的にしいるもののことをいいます。

 

有酸素運動も成長ホルモンが分泌されるのですが、30分以上運動しないと分泌されないため、運動して数分で成長ホルモンが分泌される無酸素運動が身長増進のためには効果的といえます。

 

運動してるのになかなか身長への効果が見られない

 

運動してるのになかなか身長への効果が見られない、という場合にはその運動の内容を見直してみる必要があります。
成長ホルモンが分泌されなければ、発育に反映されません。

 

有酸素運動をやっている場合だと、30分以上運動をしないと成長ホルモンは分泌されないため、いつも30分未満で運動を切り上げていると、身長増進への効果はあまり期待できなくなってしまいます。

 

それから身長が伸びないのは小さいころの運動不足のせいだと思い込んで、休息もとらずにやたらとスポーツをやることも問題です。
やはり過ぎたるは及ばざるがごとくで、運動と休息の調和がとれていることが発育成長にとって最高なことなのです。
そして楽しく運動をすることが大切です。

 

嫌々運動をしていてはそれがストレスとなってしまい、成長ホルモンがスムーズに分泌されません。
ですので誰かに無理やりやらされるのではなく、自発的に運動をすることが効果的です。

子供の身長を伸ばすために親が手助けしてあげよう

子供の身長を伸ばすために親が手助けしてあげよう

 

子供の身長を伸ばすためには、親の手助けが必要です。
なぜなら子供の食べるものは親が作っているからです。

 

子供にスナック菓子を

 

親は子供にスナック菓子を与えるべきです。
最近のスナック菓子にはカルシウムが豊富に含まれています。
ですので、身長を伸ばすために非常に効果的です。

 

スナック菓子と牛乳を併用

 

スナック菓子と牛乳を併用

親は子供に牛乳を飲ませるべきです。

牛乳には体に良い成分がたくさん含まれています。

 

眠れないという人にも効果的です。
親が子供に牛乳を飲ませると、子供の正常な発達を助けます。
身長を伸ばす効果があり、また骨を強くする効果もあります。
スナック菓子と牛乳を併用すれば、倍のカルシウムを取ることができ、背を伸ばす効果も倍増します。

 

→錠剤でなので飽きない「身長を伸ばすサプリメントリ」

 

 

夜更かしさせない

 

夜更かしさせない

子供が夜ふかしをするのも子供の正常な成長を妨げます。

子供にとって睡眠とは非常に大切なものです。
睡眠中に背が伸びたりするのです。
ですので、親は子供がちゃんと睡眠する時間を確保してやらなければなりません。

 

子供の正常な成長を妨げるのがゲームのやりすぎです。
親は子供がゲームをやりすぎないように監視する必要があるのです。
そして夜遅くまでテレビを見ていたら、テレビを消して、早く寝るように注意することです。

 

夜遅くのゲームは睡眠時間を削ってしまう以外にも目を悪くしてしまうという悪い効果もあるのです。
ですので、親はこうした行為を止めさせなければなりません。

 

ストレス

 

睡眠をしっかりとること、排泄がきちんとできていること、適度な運動をしていることも欠くことができません。
ストレスがマイナス効果になることもわかってきましたので、ストレスへの注意も必要になります。

 


小学生の身長が伸びる時期は?

小学生の身長が伸びる時期は?

 

一般的に身長が伸びるのは、男の子は12歳から17歳、女の子は10歳から14歳と言われています。

 

成長ホルモン

 

成長ホルモン

身長の伸びには成長ホルモンが大きく関わってきます。

成長ホルモンとは、その言葉通り、身長を伸ばすホルモンとして理解されていますが、他にも重要な役割があります。
それは、代謝です。
人間が生きていくために体内でエネルギーをつくるのに欠かせない役割があるのです。
つまり成長ホルモンは子供の成長にも大人の健康維持にも欠かせない物質です。

 

成長ホルモンの分泌量には男女差がある

 

そのホルモンの分泌量には男女差があり、女の子の方が早い時期に背が伸びます
低学年の頃は女の子の方が高く、中学生くらいから男の子が伸びてくるというように男女で身長の差が出てきます。

 

成長ホルモンが分泌されるのは睡眠中

 

成長ホルモンが分泌されるのは睡眠中です。
ですから、夜更かし癖のある子供は背が伸びません。
良質な睡眠がとれているか否かは身長の差に関わってきます。

 

身長が伸びる=骨が伸びる

 

身長が伸びるということは、骨が伸びるということです。
骨を作る栄養素を意識してとり入れると身長が伸びやすくなります。
タンパク質・カルシウム・ビタミンD・ビタミンC・鉄・亜鉛の栄養素をとる食事を意識すると良いのです。

 

すべての人には個性があるので一概に成長期がみな同じということではありません。
しかしもし成長で悩むことがあれば、小児科では身長検査や低身長検査を受けることができます。
偏食なく、しっかり睡眠をとって、規則正しい食生活を送っていれば身長が伸びやすい体になります。

 

→子供には規則正しい生活と「バランスの良い栄養」を

 


小学生の身長を伸ばすための食事

小学生の身長を伸ばすための食事

 

栄養バランスに心を配りましょう

 

小学生の身長を伸ばすのなら、栄養バランスの優れた食事をすることが大切です。

 

基本の食事

炭水化物

炭水化物 ご飯、パン、麺類、根菜類、かぼちゃなど

たんぱく質

たんぱく質 牛肉、豚肉、鶏肉、ハム、魚、小魚、貝、ねり製品、鶏卵、うずら卵、大豆、納豆、豆腐、牛乳、ヨーグルト、チーズなど

海藻類

海藻類 各種野菜、キノコ

ミネラル

ミネラル フルーツなどのビタミン

 

子供が「食べてみたい」と思うメニューを

 

これら、すべてのものを一回の食事で摂取することはなかなか難しいものです。
栄養バランスに気をとられていると、子供にとっては、苦手なメニューばかりになり食が進まないこともあります。
これでは、せっかく「背が伸びるための食事」を作っても無駄になってしまいます。

 

背が伸びるための食事

子供が「食べてみたい」と思うメニューが大切です。

例えばカレーライスやシチューなどの煮込む料理がおすすめです。
苦手な食材でも細かく刻んで入れたり、すりおろししてしまうなどの工夫をすれば子供に気付かれることもないでしょう。

 

背が伸びるための食事

ほかにも、具だくさんの味噌汁や豚汁などの汁ものもおすすめです。

栄養バランスの優れた食事をすることは、子供の肥満防止にもつながります。
たくさんの具剤を一度に入れてもおいしく召し上がることができます。

 

栄養バランスを考えての食事作り、毎日となるとちょっとしんどいのは確かです。
そんな時は無理をせず「栄養補助食品」の力を借りましょう。

 

→「のびのびスムージー」飲むだけで不足しがちな栄養バランスを整える
→「セノビック」5種類の味でおいしく栄養補給できる
→「カラダアルファ」錠剤なので味を気にせず栄養補給

 

栄養バランスよく噛んで時間をかけて食事をする

 

また、食べるときには、よく噛んで時間をかけて食事をすることも大切です。
そうすることで満腹中枢がよく働きます。
お腹がいっぱいになるので、間食やおやつにスナック菓子、チョコレートなどの肥満になりやすいものを食べられなくなるメリットもあります。

 

 


いつも年代別平均身長の下の方にいる息子

いつも年代別平均身長の下の方にいる息子

うちの息子は、背の順で並ぶといつも一番前でした。

同年代の子と比べていくぶん小食な方で、好き嫌いが激しいので、食べ物の栄養の偏りが心配でした。

 

親は二人とも低いので、子供も低くなってしまうのはしょうがないのかなと思っていたのですが、小学生身長の平均よりもだいぶ低いので、なんとかならないかといつも思っていました。

 

そんなときにしっかりと栄養をとるようにすると親の身長に関係なく子供の身長は伸びるという話を聞きのびのびスムージー を飲ませることにしたのです。
成分が大豆なので安心して飲ませることができています。

 

今から焦らなくて良いと夫はいうけれど心配で

今から焦らなくて良いと夫はいうけれど心配で

小学生身長は、まだまだ成長期前にあたるので、背の順が前の方であっても神経質にならなくてもと思ってはいます。

 

しかし、絶対音感に獲得時期があるように、身長についても必要な栄養素をたくさん必要とするような時期があるのではないかと不安でした。
そうかといって、お薬のようなものはわが子を人工的に作り上げるような気がして気が引けます。

 

そのため我が家ではセノビックを利用しています。

 

成長期に十分な栄養素を補完してくれればいいなとセノビックの可能性に期待って思っています。
子供本人もミルクココア味で美味しく飲める点が気に入っています。
美味しさと手軽さで続けることができ、その結果思うように伸びてくれればと願っています。

 

 

身長が低いうえに、落ち着きがない

身長が低いし、落ち着きがない

小学生の息子は周りと比べてもちょっと身長が低いし、落ち着きがないので先生からも注意されることが良くありました。

 

正確なのかなと思っていたのですが、栄養のバランスが悪いと落ち着きがなくなったり、身長の伸びが悪くなることもあるという話を聞いて、しっかりと栄養補給ができるようにコドミンを飲ませることにしたのです。

 

毎日忘れないように飲ませていたら、だんだんと性格的にも落ち着いてきて協調性が出てきたような気がします。