成長期のお子様のための「背を伸ばすサプリ」

小学生の平均身長 身長を伸ばす方法

小学生の平均身長 身長を伸ばす方法

 

小学生の平均身長は年々伸びてきている

 

小学生の平均身長は年々伸びてきています。
戦後、日本人の平均身長が伸びた来たこともあり、これと同じような傾向をたどっています。
このことからして、誰が見ても、食糧事情に大きいなヒントがあると推察できるのではないでしょうか。

 

牛乳は「カルシウム」が豊富

 

カルシウム

中でも、食事の欧米化といわれるバターや肉の影響を無視することはできません。

もちろん、十人中九人が牛乳のおかげと言いますが、この影響力は少なくありません。
でも、牛乳そのものが、骨を伸ばし、背を伸ばすのではありません。
牛乳はカルシウムなどの栄養素が豊富なので、骨にとっては必要ではあります。

 

骨を伸ばすのは「タンパク質」

 

タンパク質

骨そのものを伸ばすのは軟骨細胞が集まってできる骨髄線と言われるものです。

その原料となるのは肉、魚、卵、チーズなどに含まれているタンパク質であることが知られています。

 

「亜鉛」も背を伸ばすのに大切

 

亜鉛

そして隠れた背を伸ばすためのものとしては亜鉛というものが良いとされています。

ピーナッツ、牡蠣、レバー、うなぎ、納豆、ゴマなどに多く含まれています。
小学生の平均身長が伸びていたのは、これらの食糧との結びつきが多くなったからだと言われています。
でも、その他のことも見逃すわけには行きません。

 

→牛乳に混ぜるだけの美味しい補助食品


子供の身長を伸ばすために親が手助けしてあげよう

子供の身長を伸ばすために親が手助けしてあげよう

 

子供の身長を伸ばすためには、親の手助けが必要です。
なぜなら子供の食べるものは親が作っているからです。

 

子供にスナック菓子を

 

親は子供にスナック菓子を与えるべきです。
最近のスナック菓子にはカルシウムが豊富に含まれています。
ですので、身長を伸ばすために非常に効果的です。

 

スナック菓子と牛乳を併用

 

スナック菓子と牛乳を併用

親は子供に牛乳を飲ませるべきです。

牛乳には体に良い成分がたくさん含まれています。

 

眠れないという人にも効果的です。
親が子供に牛乳を飲ませると、子供の正常な発達を助けます。
身長を伸ばす効果があり、また骨を強くする効果もあります。
スナック菓子と牛乳を併用すれば、倍のカルシウムを取ることができ、背を伸ばす効果も倍増します。

 

→錠剤でなので飽きない「成長期のためのサプリ」

 

 

夜更かしさせない

 

夜更かしさせない

子供が夜ふかしをするのも子供の正常な成長を妨げます。

子供にとって睡眠とは非常に大切なものです。
睡眠中に背が伸びたりするのです。
ですので、親は子供がちゃんと睡眠する時間を確保してやらなければなりません。

 

子供の正常な成長を妨げるのがゲームのやりすぎです。
親は子供がゲームをやりすぎないように監視する必要があるのです。
そして夜遅くまでテレビを見ていたら、テレビを消して、早く寝るように注意することです。

 

夜遅くのゲームは睡眠時間を削ってしまう以外にも目を悪くしてしまうという悪い効果もあるのです。
ですので、親はこうした行為を止めさせなければなりません。

 

ストレス

 

睡眠をしっかりとること、排泄がきちんとできていること、適度な運動をしていることも欠くことができません。
ストレスがマイナス効果になることもわかってきましたので、ストレスへの注意も必要になります。

 


小学生の身長が伸びる時期は?

小学生の身長が伸びる時期は?

 

一般的に身長が伸びるのは、男の子は12歳から17歳、女の子は10歳から14歳と言われています。

 

成長ホルモン

 

成長ホルモン

身長の伸びには成長ホルモンが大きく関わってきます。

成長ホルモンとは、その言葉通り、身長を伸ばすホルモンとして理解されていますが、他にも重要な役割があります。
それは、代謝です。
人間が生きていくために体内でエネルギーをつくるのに欠かせない役割があるのです。
つまり成長ホルモンは子供の成長にも大人の健康維持にも欠かせない物質です。

 

成長ホルモンの分泌量には男女差がある

 

そのホルモンの分泌量には男女差があり、女の子の方が早い時期に背が伸びます
低学年の頃は女の子の方が高く、中学生くらいから男の子が伸びてくるというように男女で身長の差が出てきます。

 

成長ホルモンが分泌されるのは睡眠中

 

成長ホルモンが分泌されるのは睡眠中です。
ですから、夜更かし癖のある子供は背が伸びません。
良質な睡眠がとれているか否かは身長の差に関わってきます。

 

身長が伸びる=骨が伸びる

 

身長が伸びるということは、骨が伸びるということです。
骨を作る栄養素を意識してとり入れると身長が伸びやすくなります。
タンパク質・カルシウム・ビタミンD・ビタミンC・鉄・亜鉛の栄養素をとる食事を意識すると良いのです。

 

すべての人には個性があるので一概に成長期がみな同じということではありません。
しかしもし成長で悩むことがあれば、小児科では身長検査や低身長検査を受けることができます。
しっかり睡眠をとって、規則正しい食生活を送っていれば身長が伸びやすい体になります。

 

→子供には規則正しい生活と「バランスの良い栄養」を

 


小学生の身長を伸ばすための食事

小学生の身長を伸ばすための食事

 

栄養バランスに心を配りましょう

 

小学生の身長を伸ばすのなら、栄養バランスの優れた食事をすることが大切です。

 

基本の食事

炭水化物

炭水化物 ご飯、パン、麺類、根菜類、かぼちゃなど

たんぱく質

たんぱく質 牛肉、豚肉、鶏肉、ハム、魚、小魚、貝、ねり製品、鶏卵、うずら卵、大豆、納豆、豆腐、牛乳、ヨーグルト、チーズなど

海藻類

海藻類 各種野菜、キノコ

ミネラル

ミネラル フルーツなどのビタミン

 

子供が「食べてみたい」と思うメニューを

 

これら、すべてのものを一回の食事で摂取することはなかなか難しいものです。
栄養バランスに気をとられていると、子供にとっては、苦手なメニューばかりになり食が進まないこともあります。
これでは、せっかく「背が伸びるための食事」を作っても無駄になってしまいます。

 

背が伸びるための食事

子供が「食べてみたい」と思うメニューが大切です。

例えばカレーライスやシチューなどの煮込む料理がおすすめです。
苦手な食材でも細かく刻んで入れたり、すりおろししてしまうなどの工夫をすれば子供に気付かれることもないでしょう。

 

背が伸びるための食事

ほかにも、具だくさんの味噌汁や豚汁などの汁ものもおすすめです。

栄養バランスの優れた食事をすることは、子供の肥満防止にもつながります。
たくさんの具剤を一度に入れてもおいしく召し上がることができます。

 

栄養バランスを考えての食事作り、毎日となるとちょっとしんどいのは確かです。
そんな時は無理をせず「栄養補助食品」の力を借りましょう。

 

→「のびのびスムージー」飲むだけで不足しがちな栄養バランスを整える
→「セノビック」5種類の味でおいしく栄養補給できる
→「カラダアルファ」錠剤なので味を気にせず栄養補給

 

栄養バランスよく噛んで時間をかけて食事をする

 

また、食べるときには、よく噛んで時間をかけて食事をすることも大切です。
そうすることで満腹中枢がよく働きます。
お腹がいっぱいになるので、間食やおやつにスナック菓子、チョコレートなどの肥満になりやすいものを食べられなくなるメリットもあります。